HOME / お手入れ / 着用後から保管まで

着用後から保管まで

着物と上手に付き合うためには、着用後の気配りが大切です。 汚れのチェックからお手入れまで丁寧に行い、お気に入りを永く楽しみましょう。

  • [STEP1]着物と帯を脱いだらすぐに、汚れやシミがついていないかを点検します。  ※汚れやシミのある場合は、すぐにご相談ください。
  • [STEP2]衣紋かけもしくはハンガーにかけ、暗く風通しのよい場所に干して体温や湿気を取ります。 ※日光や蛍光灯が長時間当たると色ヤケの原因となるため、避けてください。
  • [STEP3]2〜3時間の陰干しで体温や湿気が抜けたら、 着物を広げガーゼかビロードで着物全体の埃を軽くたたくようにして取り除きます。
  • [STEP4]背中や帯の下のしわは、当て布をして裏からアイロンをあてます。 ※刺繍、箔、絞りの部分は避けてください。
  • [STEP5] 刺繍、箔、紋の部分には、薄紙を当ててから折りたたんでください。※ 着用をされた場合は、シーズンの終わりに専門店にお手入れに出されることをおすすめいたします。

着物各部の名称

名称の上にオンマウスすると該当箇所がハイライトされます。

番号をクリックしてください。
番号の上にマウスオーバーしてください。 01.袖口(そでぐち) 02.裄(ゆき) 03.袖幅(そではば) 04.袖付け(そでつけ) 05.衽下がり(おくみさがり) 06.共衿(ともえり) 07.背中心(せちゅうしん) 08.袖(そで) 09.袖竹(そでたけ) 10.抱き幅(だきはば) 11.広衿(ひろえり) 12.振り(ふり) 13.身八つ口(みやつくち) 14.袂の丸み(たもとのまるみ) 15.衿幅(えりはば) 16.合褄幅(あいづまはば) 17.前身頃(まえみごろ) 18.脇線(わきせん) 19.身丈(みたけ) 20.衽(おくみ) 21.褄下(つました) 22.八掛(はっかけ) 23.衽衿(おくみえり) 24.前幅(まえはば) 25.後ろ幅(うしろはば)

たたみ方

着物の”本だたみ”をご紹介します。 正しいたたみ方で、着物にシワがよらないよう上手に保管しましょう。

  • [STEP1]衿を左にして着物を広げます。右脇の縫い目を内側に折り、前身頃を後ろ身頃に重ねます。
  • [STEP2]下前、上前とも、衽(おくみ)の縫い目から手前に折り返します。衿肩あきは内側に。
  • [STEP3]下前の衽と上前の衽、衿と衿を重ね、衿先、衿下、褄先の3か所をそろえます。
  • [STEP4]両手で上前の脇縫いを持ち、背縫いのところで内側に折り、下前の脇縫いにぴたりと合わせます。
  • [STEP5]左袖を折り返し、身頃に重ねます。裾を3分の1ほど折り返します。
  • [STEP6]裾を左に引いて、身頃を二つ折りにします。手前になっている右袖は、外側に折ります。紋や刺繍、箔がある場合は、和紙などをあてておきます。

保管方法

正しい保管は、着物を永く楽しむための一番の近道です。 着物にとって心地良い環境を作っておくと、おおかたの劣化を防ぐことができます。

  • タンスにしまうときは、たとう紙または木綿の衣裳包みを使います。※ビニール袋や紙箱での保管はカビ・シミ発生のもとになるので避けてください。※たとう紙の中の台紙は、取り除いてください。
  • 防虫剤を使用する際は、同種のものをご使用ください。種類が違うと化学反応を起こし、変色・シミの原因となります。※防虫剤は紙に包んでご使用ください。

虫干しの方法

着用してない着物も、保管の過程で湿気を吸い、絹が劣化してしまう恐れがあります。年に2~3回の虫干しで、着物の湿気を取り除きましょう。

  • 着物は、着用されずに保管しておくだけで湿気を吸い、劣化してしまう恐れがあります。そのような状況をなるべく避けるため、「虫干し」といい、年に数回着物に風を通していただくことが大切です。虫干しは少なくとも年に1度は行われることをおすすめします。
  • [虫干しの時期] ●7月下旬~8月下旬 ・・・ 梅雨で湿気た衣類を乾かします。 ●10月下旬~11月下旬 ・・・ 夏についた虫を追い払います。 ●1月下旬~2月下旬 ・・・ 衣類の湿気を取り除きます。
  • 晴天が2日以上続いた時の午前10時~午後2時の間 ※前日が雨だと地面から湿気が上がってくるため、必ず晴れの続いた日に行います。※午後3時以降は湿気が出てくるので、必ずそれ以前に行います。
  • [虫干しの方法]風通しが良く、陽のあたらない場所で、着物ハンガーなどに着物を一枚ずつ掛けます。たとう紙も太陽にあてて干します。もしくは、新しいものに交換します。
タンスも開けたままにして、半日くらい空気を入れ換えます。 ※色やけを防ぐため、必ず日陰に干します。部屋の照明も消しておきましょう。
  • [簡易虫干し]上記と同じ時期・時間帯に行います。着物をタンスから出し、たとう紙を開いて半日ほど置いておきます。タンスから出せない場合は、引き出しを開いておくだけでも効果はあります。

お問い合わせ

住所 〒604-8166 京都府京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80

マップ

営業時間 10:30~18:00 定休日 水曜日 ※営業時間・定休日は都合により変更となる場合がございます。

電話番号・ファックス 075-212-7090info@sohya.jp

お問い合わせへ

訪問着、留袖、振袖などは、事前にご予約いただきますと、店頭にてご覧いただけます。

  • よくある質問
總屋